文字サイズ

阪神快勝!才木が涙、1159日ぶり復活勝利「本当に、すごくしんどかった」

 3年ぶりの勝利を挙げた才木はヒーローインタビューでつらかった時期を思い出し涙を見せる(撮影・田中太一)
 5回、満塁のピンチを無失点に抑えた才木(左)はナインに迎えられ笑顔を見せる(撮影・田中太一)
 才木(中央右)は近本からウイニングボールを贈られる(撮影・山口登)
3枚

 「中日0-3阪神」(3日、バンテリンドーム)

 阪神は快勝で2連勝。先発・才木浩人投手(23)が5回5安打無失点、5奪三振と好投し、19年5月12日・中日戦以来、1159日ぶり勝利を飾った。

 才木は2020年11月に右肘のトミー・ジョン手術から再起。ヒーローインタビューでは「3年間、手術してリハビリして本当にすごくしんどかったんですけど…」と声を震わせ、あふれる涙をぬぐった。そして、「でも本当に支えてくれた人たちのおかげで戻ってこられたので感謝の気持ちしかない」と頭を下げた。

 1148日ぶりの1軍登板。緊張の立ち上がり、力のあるストレートで押しながら要所で投じたスプリットを効かせた。初回は1番・岡林、2番・溝脇を続けて空振り三振に封じるなど3者凡退。「お世話になった人たちの思いを持って、思い切って投げられたらと腕を振った。二回からバテたけど、何とか粘って、梅野さんのリードにも助けられて良かった」。二回は、この回先頭のA・マルティネスに左前打を許すも後続を寸断した。

 最大のピンチは3点リードの五回。連打などで1死満塁のピンチから、まずは柳を3球で空振り三振。続く岡林に高めの直球を打たせて三邪飛に仕留め無失点で切り抜けた。5回を5安打無失点で直球の最速は153キロを計測。才木の後は岩貞、加治屋、浜地、ケラー、岩崎のリレーで零封勝利だ。

 打線は大山が二回の今季19号となる先制2ランでプロ通算100本塁打。6月21日・広島戦以来、11試合ぶり、48打席ぶりの一発で「才木のためにも早く先制したかったので打つことができてよかったです」と才木への祝砲となった。

 大山はこの日で通算658試合出場。100本塁打到達は、球団では田淵幸一、掛布雅之、岡田彰布に続く4番目のスピード。「ここからをスタートとしてこれまで支えてもらった方々に感謝をしてこれからも1本、1本積み重ねていけるように頑張ります」と実感を込めた。

 2点リードの三回には中野が4号ソロ。さらには近本が六回に右前打を放ち球団単独2位となる29試合連続安打。NPB歴代8位タイで、球団最長の11年・マートンが記録した30試合に王手を懸けた。

2022-08-17
2022-08-16
2022-08-14
2022-08-13
2022-08-12
2022-08-11
2022-08-10
2022-08-09
2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24
2022-07-23
2022-07-22

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス