文字サイズ

いまだ広島戦白星無しの阪神 バッテリーエラーで2試合連続の先制を許す

 2回、ガンケルはワイルドピッチし先制を許す(撮影・山口登)
 2回、野間の打席で、ガンケルがワイルドピッチし先制を許す(撮影・山口登)
2枚

 「広島-阪神」(22日、マツダスタジアム)

 開幕から広島に対して0勝8敗1分けと苦しむ阪神が、ミスで先制を許した。

 二回裏、ガンケルが1死から下位打線へと向かう会沢、小園、上本に3連打を浴びて1死満塁のピンチを背負った。投手の遠藤には痛烈なライナーを打たれたが、遊撃・中野の正面をついて2死。ここで踏ん張ればというところで1番・野間に投じた2球目の変化球がひっかかってワンバウンドとなり暴投。この間に先制を許した。

 スタメンマスクの長坂は懸命に体を外角へずらし、最後は右手に当ててボールを止めようとしたが、報われず。2試合続けて先制点を許す苦しい立ち上がりとなった。

2022-06-29
2022-06-28
2022-06-26
2022-06-25
2022-06-24
2022-06-23
2022-06-22
2022-06-21
2022-06-19
2022-06-18
2022-06-17
2022-06-12
2022-06-11
2022-06-10
2022-06-09
2022-06-08
2022-06-07
2022-06-05
2022-06-04
2022-06-03

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス