文字サイズ

開幕7連敗の阪神・矢野監督 “懲罰交代”の中野に怒り「気持ちを感じない」

 5回、藤浪を諦め投手交代を告げる矢野監督(撮影・田中太一)
4回、見逃し三振に倒れ顔をしかめる中野。このあと交代する(撮影・田中太一)
3回、吉川の遊ゴロをファンブルする中野(撮影・佐藤厚)
3枚

 「巨人6-5阪神」(1日、東京ドーム)

 阪神が今季初となった伝統の一戦に敗れ、これで開幕から泥沼の7連敗となった。矢野監督は試合後、「大きなことを言えることは今はないけど、目の前のことを必死にやっていきます」と前を向いた。

 試合は初回、藤浪が坂本、ポランコに2者連続アーチを被弾。二回は大城にソロを浴び、自身初の1試合3被弾となった。三回は遊撃・中野の失策も絡んで2失点。結果的に、4回7安打6失点(自責点4)KOで、今季初黒星を喫した。

 藤浪の投球内容について、指揮官は「この球場やし、ある程度、ホームランは仕方ない」と前置きした上で、さらなるレベルアップを期待。「ああいういい打者をどう抑えていくかというレベルに、晋太郎自身も成長してもらいたい」とした。

 また三回、失点を招く失策に、2三振と精彩を欠いた中野について、矢野監督は「気持ちを感じない。球際に最近、ちょっと弱いというか」と苦言。四回の守備から小幡との交代を指示したが、「どうしても後からいくやつは試合に出たいやつばかり。(小幡)竜平も(木浪)聖也も必死やし。あいつも毎日、試合に出ながら、その気持ちを続けていくのは簡単じゃないとはいえ、そういうことをやっていかないと成長がない。あいつの『気』が出ている感じがしない」と切り捨てた。

 開幕から12球団で唯一、白星のない阪神は、これでドロ沼の7連敗。既に球団のワースト記録を更新しているが、過去、優勝チームの開幕連敗は1960年・大洋(現DeNA)の6連敗が最長。開幕7連敗から優勝した例はなく、早くもV確率は0%となった。

 それでも3点ビハインドの九回、大山の2ランで1点差に迫ったが、あと一歩及ばなかった。

2022-05-22
2022-05-21
2022-05-20
2022-05-19
2022-05-18
2022-05-17
2022-05-15
2022-05-14
2022-05-11
2022-05-10
2022-05-08
2022-05-07
2022-05-06
2022-05-05
2022-05-04
2022-05-03
2022-05-01
2022-04-30
2022-04-29
2022-04-28

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス