阪神・原口 社会貢献活動で医療施設に13万円を寄付「今年も寄付できて良かった」

 阪神・原口文仁捕手(30)が25日、社会貢献活動として神戸市内の小児がんをはじめとする医療ケア施設「チャイルド・ケモ・ハウス」に今季の安打数・打点数に応じた金額13万円(安打数10本、打点数3打点×1万円)を寄付した。

 19年に発症した大腸がんからの完全を遂げ、元気にプレーする原口。「今年も寄付をすることができて良かったです。コロナ禍で病気と闘う子どもたちやご家族の方々は細心の注意を払って過ごす大変な日々が続いていると思いますし、この活動が少しでもそうしたみなさんのサポートにつながるのであればうれしいです。今年もコロナ禍で子どもたちとの対面はかないませんでしたが、来年以降、チャイルド・ケモ・ハウスのみなさんと元気な姿で会えることを楽しみに、来季は結果を残し、寄付を続けられるように頑張ります」と力強いコメントを残した。

2023-11-05
2023-11-04
2023-11-02
2023-11-01
2023-10-31
2023-10-29
2023-10-28
2023-10-20
2023-10-19
2023-10-18

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス