文字サイズ

阪神・高橋遥人 左肘をクリーニング手術「万全の状態で投げられるように」

 阪神は19日、高橋遥人投手(26)が大阪市内の病院で左肘のクリーニング手術を行い、退院したと発表した。

 高橋は「タイガースファンのみなさん、いつも熱い応援をいただきありがとうございます。今季は後半からでしたが、そこから投げることができたのはさまざまな方々の支えがあったからだと感謝しています。来シーズン、万全な状態で投げられるように左肘のクリーニング手術を行いました。今まで以上のパフォーマンスを発揮できるように、またチームに少しでも貢献できるように、しっかりリハビリに励み、来シーズンに向けて準備していきたいと思います」とコメントしている。

 高橋は今季の春季キャンプで右脇腹を痛め、別メニュー調整。その後は上肢のコンディション不良に悩まされた。9月9日に今季初先発。大きく出遅れたものの、9月25日の巨人戦ではプロ初完封、10月2日の中日戦では2試合連続で完封勝利を挙げた。

 しかし、10月21日の中日戦で左肘の違和感を訴えた。11月6日のCSファーストS・巨人戦では先発したが、6回3失点で負け投手に。阪神の全日程終了後は、鳴尾浜で調整を続けていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス