文字サイズ

阪神 またもやミスから 五回、振り逃げをきっかけに痛い2失点

 5回、大島に2点適時打を浴びる馬場(手前)=撮影・高部洋祐
 5回、馬場は大島に適時打を許し失点する(撮影・山口登)
 5回、投手交代を告げベンチへ戻る矢野監督(撮影・田中太一)
3枚

 「阪神-中日」(26日、甲子園球場)

 阪神がまたもや、ミスから失点を喫した。

 0-1の五回。3イニング目のマウンドに上がった及川が、先頭・岡林をスライダーで空振り三振に仕留めた。しかし、ワンバウンドした球を捕手・坂本が一塁ベンチ方向にそらし、振り逃げに(記録は投手の暴投)。

 さらに、続く木下拓には四球を与えた。小笠原を3バント失敗に退けたが、京田に右前打を許し1死満塁。及川はここで降板となった。

 大ピンチでの登板となった3番手・馬場は高松を空振り三振。ただ、2死満塁で大島にフルカウントから左前へ2点適時打を許した。

 阪神は二回1死一、二塁で木下拓の三ゴロで、併殺を狙ったが、二塁手・糸原が一塁へ悪送球。手痛い失策で先制点を許していた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス