文字サイズ

阪神、ヤクルトともに最短Vは26日 貴重なドローでついにゲーム差0

スアレスとタッチを交わす坂本(撮影・飯室逸平)
7回、同点タイムリーを放ち、ベンチに向かって手を上げる坂本(撮影・飯室逸平)
7回、左前打を放つ佐藤輝(撮影・飯室逸平)
3枚

 「広島1-1阪神」(23日、マツダスタジアム)

 阪神は投手戦の末、広島と引き分けた。

 先発の秋山は、5回3安打1失点の好投。打線は好投の広島先発・森下からワンチャンスを生かして同点とした。七回2死無走者からロハスが四球を選び出塁。佐藤輝が左前にポトリと落ちる安打で一、三塁とし、坂本が右前に執念の同点適時打を放った。

 デーゲームで行われたヤクルトは巨人に大敗。優勝へのマジックは「3」で変わらず。ヤクルトとのゲーム差は「0」になった。

 この結果、阪神、ヤクルトともに最短Vが26日となった。

 阪神は24日に広島と、26日に中日と対戦し全日程終了。残り4試合のヤクルトは24日に巨人、26日にDeNAと対戦する。阪神が残り2試合に連勝、ヤクルトが連敗すれば、26日に阪神の優勝が決定。一方、ヤクルトの最短Vも26日になっている。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス