文字サイズ

阪神ドラ2 創価大・鈴木勇斗 反響の大きさに驚く「すごく喜んでもらえた」

 阪神から2位指名のあいさつを受け喜びいっぱいの創価大・鈴木勇斗(撮影・三好信也)
 吉野スカウトからドラフトのパスを手渡される阪神2位指名の創価大・鈴木勇斗(左)=撮影・三好信也
 畑山統括スカウト(右手前)、吉野スカウト(右奥)の指名あいさつ来校を出迎える阪神2位指名の創価大・鈴木勇斗(左)=撮影・三好信也
3枚

 阪神からドラフト2位指名された鈴木勇斗投手(21)=創価大=が13日、同大で畑山統括スカウト、吉野スカウトから指名あいさつを受けた。

 指名から二日が経ったが「地元の友人、両親、指導者からおめでとうとすごく喜んでもらえたので」と笑顔。小学校の時の友人などからも連絡が来て、反響の大きさに驚いたという。

 弟子入りしたい投手には同じ左投手の高橋を挙げた。鈴木が鹿屋中央高に在籍していた時に、当時、亜大に在籍していた高橋と一度だけ顔を合わしたことがあるという。「同じ左投手としてすごく真っすぐも良くて変化球も良くて目標としている投手なので、機会があればいろいろ教えてもらったり、学べることがあると思うので話がしたいです」とタテジマを身にまとっての再会を心待ちにした。

 関西の印象を問われると「人がすごく温かくて、ノリがおもしろくて話していて楽しいイメージがある。関西の人と話すのが楽しいので、それが楽しみの一つだと思っています」と答えていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス