文字サイズ

阪神・中野 「強い気持ち」で2点千金打 バント失敗「終わったこと」成長の証

 8回、菅野(手前)から2点二塁打を放つ中野(撮影・飯室逸平)
 8回、中野は左中間に2点適時二塁打を放ち、二塁塁上でガッツポーズ(撮影・佐藤厚)
 1回、中野(手前)が送りバント失敗に倒れ、ベンチで厳しい表情の矢野監督(中央)=撮影・飯室逸平
3枚

 「巨人0-3阪神」(25日、東京ドーム)

 前夜のビッグプレーから一夜明け、虎党の期待はさらに高まっていた。八回1死二、三塁。阪神・中野が打席に向かうと、三塁側のスタンドから拍手が降り注ぐ。マウンドには菅野。追い込まれたが、必死にバットを伸ばした。

 歓声に後押しされた打球が、左中間の人工芝に弾む。一気に2者が生還。天を仰ぐ菅野と対照的に、中野は二塁上で右拳をグッと握りしめた。

 「遥人(高橋)さんが頑張ってくれていたので」と、好投の高橋を援護する一打。そして自らのミスを取り返す適時打にもなった。初回無死二塁では送りバント失敗。それでも「終わったことなので、切り替えて」と攻める気持ちを貫いた。前半戦もミスをした翌日に力を発揮。「強い気持ち」が中野の持ち味だ。

 「レギュラーで出るためには、取り返すようなプレーをすることが大事」。しかし、前半戦は「その日に切り替えることはうまくできなかった」。ただ、試合を重ね、心身共に成長。残り24試合となった今は、試合中に気持ちを整理し、貴重な一本を生み出した。

 菅野には、2試合の対戦で6打数3安打。ここでも「日本を代表する投手なので、自分が引いていては打てない」と積極的にスイングした。矢野監督はバント失敗を指摘しながらも、「追い込まれてからよく打った」とここぞの勝負強さをたたえた。

 連日の活躍に、スタンドでファンが掲げる応援タオルも日に日に増えている。「自分に与えられた役割をやっていけるように」。また、中野のプレーが虎党をとりこにする。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス