文字サイズ

阪神・矢野監督「いや、見事やったね」九回に躍動の島田をたたえる

 9回、勝ち越しのホームを踏んだ島田は笑顔でナインとタッチを交わす(撮影・飯室逸平)
 9回、勝ち越し犠飛を放った木浪へガッツポーズをする矢野監督(左から2人目)ら首脳陣(撮影・田中太一)
 9回、島田は盗塁を決める(撮影・山口登)
3枚

 「中日2-3阪神」(21日、バンテリンドーム)

 阪神の矢野監督が、勝利につながった島田のプレーをたたえた。途中出場で九回の打席を先頭打者で迎えると、内野安打で出塁し二盗、そして決勝のホームと、躍動した。

 矢野監督は島田の話題に「いや、見事やったね」と応じた。「アイツの持ち味というかね。そんなチャンスの少ない中、しかも相手の抑えで、こっちとしては絶対出てくれというところで出て、走るっていうのは」と期待通りの活躍を評価。「俺もファームで一緒にやってたけど、そういう積み重ねてきたものを一発であそこで出せたっていうのは成長だと思う」と賛辞を惜しまなかった。

 この回は、チームが一丸となって1点を取りに行った。長打のあるサンズも、無死二塁から右方向への進塁打を意識して島田を三塁に進めた。声出しで「全員野球」を呼びかけていたという木浪はチャンスを逃さず決勝の犠牲フライを打ち上げた。

 指揮官は「ほんとに一人一人が気持ちをつなげながら取った1点だと思うので。すごく(抑えの)スアレスの気持ちも高まる、そういう1点になったと思います」と語った。

 

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス