文字サイズ

阪神・桑原「後悔ない」「まともに投げられなかった、もうダメだと思って決断」引退会見

引退会見で心境を語る桑原=西宮市内
岩崎(左)から花束を贈られる桑原=西宮市内
桑原(右)の引退会見に駆け付けた岩崎と写真に納まる=西宮市内
3枚

 阪神・桑原謙太朗投手(35)が20日、今季限りでの現役引退を表明し、兵庫県西宮市内の球団事務所で会見した。「後悔はないですけど、悔いは多少残ったかなと思う野球人生でした。横浜で入団して、オリックスで、阪神さんにトレードで拾ってもらって、活躍できたことが何より良かったなと思います」とすがすがしく語った。

 桑原は奈良産業大から07年度大学生・社会人ドラフト3巡目で横浜(現DeNA)に入団。10年オフにトレードでオリックスに移籍し、14年オフに再びトレードで阪神に移籍。17年に43ホールドポイントを記録して最優秀中継ぎ投手に輝いた。

 最大の武器は直球の軌道から打者の手元で鋭く曲がる“真っスラ”。当時の金本知憲監督は米ヤンキースでカットボールを武器に活躍した伝説的守護神マリアノ・リベラとその姿を重ね、セットアッパーの重責を託した。

 近年は右肘痛に苦しみ、今季の1軍戦登板は7試合にとどまっていた。プロ通算242試合に登板して15勝13敗、78ホールド、防御率3・61。“和製リベラ”と称された遅咲きの苦労人は、サプライズで登場した後輩の岩崎に花束を渡され、笑顔で写真に収まった。

 「9月の始めに練習試合で投げさせてもらって、ほとんどまともに投げられなかった。もうダメだなと思って決断しました」と引退の理由を説明。金本前監督に連絡して「『お疲れ様。当時はよく頑張ってくれた』という言葉をいただきました」と感慨深げだった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス