阪神・ガンケルは七回途中3失点で降板 岡本和に痛恨の逆転被弾

 逆転を許した6回を投げ終え、ベンチに戻る阪神・ガンケル=甲子園(撮影・高部洋祐)
 6回、降板する阪神・ガンケル(左端)=甲子園(撮影・高部洋祐)
7回途中で降板する阪神・ガンケル(手前)=甲子園球場(撮影・吉澤敬太)
3枚

 「阪神-巨人」(4日、甲子園球場)

 阪神のジョー・ガンケル投手(29)が今季初めて巨人戦に先発。6回1/3を投げ6安打3失点とゲームを作ったが、六回に岡本和に許した逆転2ランが痛かった。

 五回に梅野の逆転2ランが飛び出し、その直後の守りだった。先頭の坂本に左翼線二塁打を打たれ、続く吉川の三ゴロの間に二走が三塁へ進塁。ここで打席に岡本和を迎えた。

 カウント2-1からの4球目、内角高めのツーシームを完璧に弾き返された。聖地の夜空に向かって高々と舞い上がった放物線は、誰もが本塁打と分かる一撃。左翼席に突き刺さる逆転2ランを許し、マウンド上のガンケルもうなだれた。

 三回までは無失点投球を続け、四回に大城に先制打を打たれた以降も、ガンケルらしく安定した制球力で勝負していた。援護点をもらった直後だっただけに、ピンチでもなんとか踏ん張りたかったが、悔しい1球となってしまった。

 六回はウィーラーを中飛に抑えた後、続く松原に中前打を打たれたところで及川に交代。及川も2死満塁とピンチを招いたが、代打・中島を空振り三振に仕留め、なんとか窮地を脱した。

2023-11-05
2023-11-04
2023-11-02
2023-11-01
2023-10-31
2023-10-29
2023-10-28
2023-10-20
2023-10-19
2023-10-18

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス