文字サイズ

球場に怒号!阪神2軍でもサイン盗み騒動 中日ともみ合い「やってるわけないやんか!」

 審判団にアピールする中日・仁村2軍監督
 警告試合が宣告された2軍戦
 首脳陣がもみ合いになる
3枚

 「ウエスタン、中日-阪神」(10日、ナゴヤ球場)

 両軍監督を中心に首脳陣がもみ合いとなり、球場が騒然となる一幕があった。

 阪神七回の攻撃終了直後、一塁コーチャーの中村外野守備走塁コーチが何らかの声に反応。中日・工藤外野守備走塁コーチが応戦するそぶりが見られた。すると、両チームの首脳陣がホーム付近に集まり、もみ合いに。怒号が飛び交った。

 阪神の攻撃は七回2死満塁、井上の中飛で終了していたが、中日側から阪神の走者が何らかの伝達行為を行ったのではないかとのアピールがあったと見られる。中日・仁村2軍監督が「やってるやんか、こうやって」とベルト付近を触り、両足を踏むような仕草を見せ、平田2軍監督は「やってるわけないやんか」と抗議。両チームの首脳陣の激しい言い合いとなった。

 不穏な空気の中、両チームの選手は静かに見守った。約4分の中断後、松本球審が場内アナウンスで両チームに警告を発し、警告試合として試合が再開された。

 阪神は1軍で、6日・ヤクルト戦に“サイン盗み疑惑”が起こったばかりだった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス