文字サイズ

近本の伝達疑惑で一触即発 阪神側「絶対やってへん」 ヤクルト側「じゃあ動くな」

5回、審判団を交えて話す矢野監督と高津監督 
5回、激しい口調でヤクルトベンチに声を飛ばす矢野監督(右)=神宮球場(撮影・高石航平)
5回、試合を中断し、審判を交えて言い合う高津監督と矢野監督=神宮球場(撮影・高石航平)
3枚

 「ヤクルト1-5阪神」(6日、神宮球場)

 両軍ベンチから激しい怒号が飛び交った。阪神側から矢野燿大監督らが「ごちゃごちゃ言うなよ!」「絶対やってへんわ!!」と声を荒らげると、ヤクルト側は「じゃあ動くなよ!」と応酬。たまらず名幸球審が試合を中断し、両監督を呼び出した。

 問題の場面は五回表、2死一、二塁の場面。二走・近本がリードをしながら左手を何度か動かした動作を、三塁を守る村上をはじめ、ヤクルト側が打者へのサイン伝達と疑ってアピールしたことが発端だ。

 結局、審判を挟んでの両監督の話し合いは、疑いをかけられたことに怒る矢野監督に対して、審判が「紛らわしいことはやめましょうよ」と注意する形で終了。すぐに試合は再開された。

 試合後の矢野監督は「もし(伝達などを)やっているのであれば、どんな責任でも処分でも俺が受ける。もしズルをして勝ったとして、優勝したとして、それでは喜べない」と強く潔白を主張。一方で「相手側から見たら勘違いされるというのもあったかもしれない。紛らわしいというのなら、こっちも改善しないと駄目な部分があったのかもしれない」と冷静に話した。

 神宮のヤクルト-阪神戦では、昨年9月26日にもリプレー検証中に、次打者の近本が記者席の記者とコンタクトを取ったのではないかと審判が注意したことに矢野監督が激高。翌日に責任審判が試合を遅らせたことを矢野監督に謝罪するという騒動があった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス