文字サイズ

阪神・矢野監督 試合後に伝達疑惑を完全否定「一番そういう野球はしたくない」

5回表、厳しい表情で阪神ベンチに歩み寄る村上。右は阪神・藤本コーチ=神宮球場
5回、佐藤輝の打席時に二走でリードする近本(5)=神宮球場(撮影・高石航平)
5回、審判団を交えて話す矢野監督と高津監督=神宮(撮影・金田祐二)
3枚

 「ヤクルト1-5阪神」(6日、神宮球場)

 9連戦初戦で白星発進となった阪神・矢野燿大監督は、試合後、試合について振り返った中で、報道陣から五回に起こった伝達疑惑について問われて完全否定した。

 -五回に両監督の。

 「そこが聞きたいんでしょ一番。セカンドランナーの近本が動いているっていうのが向こうが何かサイン送っているとか、なにかこう勘違いして向こうから言ってきたことなんだけど。俺はこれは現役時代からそうやけど、今は監督でもそうやし、一回も自分自身やったことないし。俺がもしやっているんであれば、どんな責任でも処分でも受けるし。俺は正々堂々と戦って勝てることがほんとにうれしいし、そんな、もしズルをしてね、オレが勝ったとして、優勝したとして、オレはそれで喜べないし、胸張って勝ったとは言えない。オレは一番そういう野球はしたくないと思っているから、まあ、そういうところでまあ(両監督が話し合うまでに)なったんだけど、向こう側からすると結局、近本がちょっと動いているのが、そういうふうに勘違いされるというのも、相手側から見たら。オレは近本を見ていなかったからね。周りのコーチに聞いたら、そういうふうにも思われる部分もあったんじゃないかというのは、あったみたい」

 (続けて)

 「だから冷静になって思うと、ヤクルト側がそうやって言ってくるということに対しても、こっちはやっていない。もちろん、今言った通りなんだけど、向こう側からすれば、そういうふうに見えた部分もあったんじゃないかなっていうのもコーチ陣の話では確認できたので。やっぱりそういうふうに思われること自体、もったいないんで。今後はもちろん、今後ももちろんうちは絶対にやらないし、頭の中にそんなことも一切ないし。紛らわしいというのはもしかしたらこっちも改善しないと駄目な部分があったのかもしれないな、というのは今日のところの話。いい?」

 五回の阪神の攻撃で、2死一、二塁の場面。三塁手の村上が何かをヤクルトベンチにアピールした。これに対して阪神ベンチで矢野監督、井上ヘッドコーチが「ごちゃごちゃ言うなよ!」「絶対やってへんわ!!」などと応酬。審判が試合を止めて、両監督を対面させた。審判が、紛らわしいことをしたのは阪神側となだめる形で、約1分の話し合いを審判が引き離して試合が再開された。

 映像を見ると二走・近本がリードをしながら左手を何度か動かしているのが確認できる。それを見た村上が打者・佐藤輝へのサインの伝達を疑ってベンチにアピールしたようだった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス