文字サイズ

元阪神のブリーデン氏死去 “赤鬼”異名、ラインバックと名コンビ

ハル・ブリーデンさん(1977年撮影)
阪神に入団したハル・ブリーデンさんと長田睦夫球団社長(左)、吉田義男監督(1976年)
ハル・ブリーデン(左)は山内一弘コーチから指導を受ける(1976年)
3枚

 「赤鬼」の異名を取り、1970年代後半の阪神を支えたハル・ブリーデン氏が3日に米ジョージア州リースバーグの自宅で死去したことが11日、分かった。76歳。米オールバニ・ヘラルド電子版がこの日までに伝えた。

 ブリーデン氏は76年にエクスポズから阪神に移籍。現役大リーガーの加入に大きな期待が寄せられた。左投げ右打ちという珍しいスラッガーで、5月には5球団から1試合2本塁打を放つ離れ業をやってのけた。1年目は123試合の出場で打率・261、40本塁打、92打点。本塁打数は田淵(39本)、掛布(27本)を抑えてチームトップで、チーム本塁打193本は当時のリーグ記録を更新した。

 ラインバックとのコンビは史上最強と称され、77年にも満塁本塁打3本を記録するなど37本塁打、90打点と活躍したが、打率・236は1年目より大きく数字を下げる形となった。

 78年は右膝痛に悩まされ、最終的に右膝靱帯(じんたい)損傷と診断され、完治は難しいとの判断から戦力外通告を受けた。通算3年間で260試合に出場し、打率・251、79本塁打、194打点。現役引退後にはジョージア州の郡保安官を務めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス