文字サイズ

阪神・ドラ2伊藤将 球団新人37年ぶり開幕3連勝!凄い新人は輝だけじゃない

 「DeNA1-4阪神」(8日、横浜スタジアム)

 ホンマにすごいルーキーたちやで!阪神のドラフト2位・伊藤将司投手(25)=JR東日本=が8回1失点の好投で、球団の新人では1984年の池田親興以来となる無傷の開幕3連勝を飾った。この日は25歳の誕生日で、横浜高時代に慣れ親しんだ横浜スタジアムで挙げた記念星。もはや先発陣で“左の柱”と言っても過言ではない活躍だ。

 25回目となる節目の日につかんだ1勝を手に、伊藤将はあふれんばかりの笑みを見せた。「今日は最高の誕生日です。両親も喜んでくれていると思います」。8回1失点の好投で開幕から無傷の3連勝。球団新人では84年・池田親興以来、37年ぶりの快挙を25歳の誕生日に成し遂げた。

 立ち上がりから順調ではなかった。三回まで毎回、得点圏に走者を置く展開。1点を先制した直後の四回には、同じ新人の牧に左翼席へ同点ソロをプロ初被弾した。

 それでも崩れなかった要因は2巡目以降に織り交ぜたカーブ。カウント球としてストライクを奪うだけでなく、直球との球速差で打者を幻惑した。六回1死一塁の場面では牧を三ゴロ併殺打に仕留めリベンジに成功。七、八回はともに三者凡退に封じるなど尻上がりに調子を上げた。

 規定投球回には届いていないが、防御率は驚異の1・55。五回には三走として糸原の犠飛で激走し、貴重な追加点をもぎ取った。矢野監督は「ルーキーというのはあまり感じさせない。将司の投球っていうのが一番チームに貢献してくれたかな」と目を細める。

 試合前には、両親からLINEでお祝いのメッセージが届いた。母・さなえさんからは「試合で勝利投手になって良い誕生日を迎えてね」と激励を受けた。毎年「母の日」に贈り物をしているという伊藤将。価値ある1勝は自身の記念日を祝うとともに、1日早い母の日のプレゼントだ。

 この日は佐藤輝が2打席連続適時打、中野が勝ち越しの起点となる右前打を放つなど、新人トリオで躍動。伊藤将は、「テル(佐藤輝)が打ってくれると自分のピッチングも助かる。自分と中野もルーキーらしく頑張っていきたい」と言う。

 汗と涙が染みこんだ横浜スタジアムは、横浜高2年時に夏の神奈川大会準々決勝で桐光学園・松井裕樹(現・楽天)に投げ勝ち、甲子園へつなげた場所だ。「懐かしいなって思いました。プロでこうやってプレーできたことは本当にうれしいです」。思い出の地で喜びをかみしめ、躍進の原動力とする。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス