文字サイズ

阪神・藤浪は「大阪のオバチャン弾」!自身の一発に「引いた」1450日ぶり聖地星 

 ファンの声援に応える阪神・藤浪晋太郎(左)と小林慶祐=甲子園(撮影・山口登)
 お立ち台でトラ柄ユニホームを引っ張る阪神・藤浪晋太郎と小林慶祐(右)=甲子園(撮影・北村雅宏)
 5回、藤浪晋太郎は先制2ランを放ち阪神ナインに迎えられる=甲子園(撮影・山口登)
3枚

 「阪神2-0ヤクルト」(16日、甲子園球場)

 阪神の藤浪晋太郎投手が打っては決勝点となる1号2ランを放ち、投げては六回途中無失点で今季2勝目。甲子園では1450日ぶりの白星となった。

 小林と並んで登場したお立ち台では131メートルの特大弾に「めちゃくちゃ飛びましたね。何とかつなごうと思って打ったのがたまたま入った」と振り返った。この日は虎の表情が大きくプリントされた「ウル虎ユニホーム」で戦ったことを受け「ピッチャーなんで大したこと言えないですけど、大阪のおばちゃんみたいなユニホームを着ているので、何とかしぶとくいってやろうと」と言って球場内を笑わせた。

 前回登板時に佐藤輝が横浜スタジアム場外にたたき込んだ「鳩サブレ弾」を放った際のお立ち大で「どん引きです」と語っていたが、自身の一発にも「引きました」と偽らざる心境を明かした。

 投げては5四死球を与えるなど制球が安定しなかったが、要所を締めて無失点。六回途中、走者をためて降板したことに「あの回を投げきらないといけなかった」と反省した右腕。それでも「小林さんがカバーしてくれて感謝しきりです。何とかリリーフの方につないでもらって勝ちをつけてもらって感謝しています」と喜びをかみしめていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス