文字サイズ

阪神・井上ヘッド「ハトが豆鉄砲」巨人・高橋に封じられ

2回、高橋(手前)の前に空振り三振に倒れる佐藤輝(撮影・神子素慎一)
9回、阪神・佐藤輝明が空振り三振に倒れ、ゲームセット=甲子園(撮影・飯室逸平)
9回阪神無死二塁、見逃し三振に倒れる阪神・大山悠輔=甲子園(撮影・神子素慎一)
3枚

 「阪神0-3巨人」(8日、甲子園球場)

 阪神は好調だった打線が沈黙し、巨人に今季初黒星を喫した。

 3安打完封負けにスタンドの虎党からもため息ばかりが聞こえる。八、九回には先頭打者が出塁し、得点圏に走者を進めたが、あと一本が出ず。井上ヘッドも「やられたね」と話すように、序盤は先発・高橋に完全に封じ込められた。

 高橋とはこの試合前まで6試合対戦し、1勝2敗。防御率1・91と苦しめられていた。

 「研究してないわけではないんだけども。でもやっぱりあれだけ苦しめられるということは、何か打ちづらいというようなものが。ハトが豆鉄砲食らったじゃないけども、『あれっ?』っていうような驚きというか。そこでみんなが軽く焦っちゃったかな。今ずっとチーム状態がいい中で、0が並んでしまうと、『あれあれ』という部分が今日は出ちゃったかな。悪い方にね」

 それでも井上ヘッドは次の対戦に向けて「やられたらやり返すじゃないけど、また同じやられ方ですやんっていうのがないように」と対策を練っていくと誓い、前を向いた。

 9日からは敵地・横浜での3連戦。前夜までは打線が活発だっただけに、この日の負けは切り替えるしかない。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス