文字サイズ

阪神の新外国人・ロハス、アルカンタラが来日 14日間の隔離期間経て合流へ

 阪神は5日、新外国人のメル・ロハス・ジュニア外野手(30)、ラウル・アルカンタラ投手(28)が4日に入国したと発表した。

 球団によると、両選手は出国前、入国後に検査を受検し、新型コロナウイルス「陰性」であることを確認しており、今後は14日間の隔離期間を経てチームに合流する予定だという。

 ロハスは昨季韓国リーグで47本塁打、135打点の2冠に輝き、MVPを獲得。アルカンタラも昨季、同リーグで20勝2敗、防御率2・54の成績で最多勝に輝いた。

 ロハスは主軸、アルカンタラは先発の一角と期待されている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス