文字サイズ

阪神・北川コーチ 勝負強さっていうのは、どう平常心でやれるかが一番

 阪神の北川博敏打撃コーチ(48)がこのほど、オンラインでのインタビューに応じた。2軍から1軍へ配置転換となり、秋季練習から指導を開始。「アンパンマン」の愛称で親しまれた現役時代と同様、持ち前の明るさで選手を盛り上げ、起爆剤となることを約束した。今回は後編。

  ◇  ◇

 -北川コーチといえば、現役時代に勝負強さが持ち味だった。勝負強い打撃を引き出すために必要な指導は。

 「勝負強さというのは、結局は技術じゃない部分だと思うので。技術以外の部分で思い切りの良さとか、結果を気にしないこととか、いかに平常心でいられるかとか。そういうところだけだと思うので。タイガースはファンも多いですし、周囲の期待も大きいと思うので。そのプレッシャーの中で、どう平常心でやれるかが一番だと思います。何とかいいパフォーマンスができるような方向に持っていきたいなとは思ってます」

 -野球以外で精神面を鍛えるには。

 「いかに練習でゲームを想定してできるか。一球に対して、いかにゲームと同じ気持ちでできるかが大事になってきます。それが自信となって、試合でもそのパフォーマンスができるということになってくると思うので。毎日同じようにバッティング練習をしてという中で、やっぱり集中力は持たせたまま、飽きさせないというイメージで、練習に取り組ませたいなというのは考えています」

 -若い選手はオフも高い意識を持ち続けることが大事か。

 「オフに入ったら僕たちは関われないので。今年コロナで苦しんで一年間やった中、本人たちが何が足りなかったか、すごく感じる部分はあったと思うんですね。そこを意識してくれれば、おのずと練習内容も意識も変わってくると思うので。そこの意識付けだけは言いたいなと思います。散々言ってきたので、分かってると思うんですけど」

 -来春キャンプで井上を1軍に推薦する可能性を示唆したが、2軍で井上に一年間言ってきたことは。

 「技術的にはまだいろんなことを取り入れて、『自分はこれがいい』というものを見つけていくようにやっていいと思うんです。試す意味では。ただ、打席に立つ意味では対ピッチャーになるわけですから。今年一年間、彼に言ってきたのは『とにかく結果はいいから、どんどんストライクを振っていくことを意識してくれ』とは言いました。やっぱり手が出せないのがバッターとしては一番ダメなことなので。振っていく中でタイミング、選球眼、ストライクとボールの見極めもできていくと思うので。遠藤もそうなんですけど、言ってきました。結果が出だすと、逆に意識してしまって手が出なくなるんですよね。そこで『結果はいいから』ということを常に言っていました」

 -ドラフト1位・佐藤輝のイメージは。

 「今年ファームで、近大と練習試合をして間近で見ていたんです。やっぱりパワーがすごいというか、スイングスピードも強いですし。大学生としてはズバ抜けたスイング力を持っていると感じました。なので、すごく楽しみですね。あと僕自身はすごく不安でいます。ちゃんと育てなかったらというか、結果を残せなかったら、全部僕が叩かれると思うので、そういう意味ではプレッシャーとの戦いがすごくあります(笑)」

 ◆北川 博敏(きたがわ・ひろとし)1972年5月27日生まれ、48歳。兵庫県出身。現役時代は右投げ右打ちの内野手。大宮東から日大を経て、94年度ドラフト2位で阪神入団。2001年近鉄移籍。近鉄消滅後の分配ドラフトにより05年からオリックスに在籍し、12年現役引退。オリックス、ヤクルトでのコーチを経て、今季は阪神2軍打撃コーチ。来季は1軍打撃コーチを務める。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス