文字サイズ

463日ぶり激突 ヤクルト・奥川対阪神・井上 昨夏甲子園決勝の星稜-履正社以来

 「フェニックス・リーグ、阪神-ヤクルト」(27日、都城運動公園野球場)

 昨夏の甲子園決勝・履正社-星稜戦以来となる2人の激突だ。阪神・井上広大外野手(19)が「4番・左翼」で先発出場。そして、対するヤクルトは奥川恭伸投手(19)が先発のマウンドに上がる。

 両者の対決は実に463日ぶり。決勝戦では井上が奥川から中堅左に3ランを放った。

 阪神先発の及川雅貴投手(19)は奥川とともに高校BIG4と呼ばれた逸材。投げ合いは初めてになるが「楽しみです」と笑顔を見せていた。井上-奥川の直接対決、及川-奥川の先発同士の戦いも注目だ。

 試合開始は12時半を予定。スタメンは以下の通り。

 【ヤクルト】

 1番・左翼 渡辺

 2番・中堅 山崎

 3番・右翼 宮本

 4番・DH 中山

 5番・二塁 松本友

 6番・一塁 太田

 7番・捕手 松本直

 8番・三塁 長岡

 9番・遊撃 武岡

    投手 奥川

 【阪神】

 1番・一塁 小幡

 2番・三塁 遠藤

 3番・中堅 小野寺

 4番・左翼 井上

 5番・DH 坂本

 6番・右翼 島田

 7番・遊撃 熊谷

 8番・捕手 長坂

 9番・二塁 植田

    投手 及川

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス