文字サイズ

阪神 失策数減へ30回連続アウトノック 筒井コーチ「プレッシャーを与えたい」

 阪神は23日、チームの課題である失策数削減に向け、筒井外野守備走塁兼分析担当コーチが中心となって「30回連続アウトノック」を行った。「もっともっとプレッシャーを与えたい」と狙いを説明した。

 今季は両リーグワーストの85失策。「アウトの内容を上げる」ために打者を想定し、一塁でアウトにするまでの時間を右打者なら4秒~4秒2、左打者なら3秒8~4秒と設定。間に合わなければ一からの再スタートとした。

 各ポジションに就き、より実戦に近い形としたのも狙いの一つ。30という数字は延長10回を想定したものだ。ノルマ達成に50分を要したが、筒井コーチは「いい緊張感がある中でできたと思います」と納得の表情。課題克服に向け、さまざまなことに取り組んでいく。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス