文字サイズ

阪神藤川は被弾も笑顔 元同僚大和との約束明かす「実現できたので嬉しかった」

 9回、ハマスタのマウンドを楽しむように投げ、笑顔を見せる阪神・藤川球児
3枚

 「DeNA5-13阪神」(31日、横浜スタジアム)

 10点リードの九回2死二塁。阪神は能見に代わり、今季限りでの引退を表明している藤川が登場した。

 DeNA・ラミレス監督の粋な計らいで、打席には代打・大和が登場。横浜スタジアム最後のマウンドは、元同僚との対決となった。

 4球とも直球勝負を挑み、結果は147キロ直球を左越え2ラン。打った大和は笑顔。打たれた藤川もまた、笑みを浮かべていた。

 藤川は「一緒にやっていた大和が出てきてくれて、大和とはFAで横浜に行く時に、『ストレートでどんどん勝負しような』と話をしていたので、最後にそれが実現できたので嬉しかったですね」と充実の表情。続けて敵地から大きな拍手が起こったことに「関東での試合はこれが最後になりますけど、まだ実感は湧いていないけれど、自分というよりかは、ファンの方々が自分が投げる姿を見て何かを感じてもらえていたら嬉しいですね」とうなずいた。

 藤川は大和に被弾後、中井には最速148キロを計測。3球勝負で最後は147キロ直球で見逃し三振に抑えた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス