文字サイズ

阪神6位の中野 山形出身でも「阪神ファンだった」目標は「新人王」

 「プロ野球ドラフト会議」(26日、都内ホテル)

 阪神からドラフト6位指名された中野拓夢内野手(24)=三菱自動車岡崎=は、「プロ野球選手になるのが、小さい頃からの夢だった。本当にここからがスタートだと思っているのでこれから頑張りたい」と、念願の指名に安堵(あんど)の表情を浮かべ、即戦力としての活躍を誓った。

 171センチ、69キロと小柄ながらも、積極的な打撃と走塁に加えて、堅実な守備が持ち味の走攻守揃った内野手。山形県出身ながらも「小さい頃から、(父の影響で)阪神ファンだったので試合を見ることが多くて。それで、『プロ野球の選手ってすごいな』と思った」と虎戦士が憧れの存在であったと話す。

 社会人出身の即戦力。「同じ社会人出身の近本選手が1年目から活躍していた。そういうのに刺激を受けました、やっぱり即戦力なので新人王は獲りたいと思います」と先輩に負けじと、高い目標を掲げた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス