文字サイズ

阪神・藤浪に「リリーフ入ってどうや?」藤川から声 ファームでもアドバイス

 7回、中村は藤浪の前に空振り三振に倒れる(撮影・山口登)
 7回、好投を見せた藤浪(撮影・山口登)
 7回、162キロを計測した藤浪の投球(撮影・田中太一)
3枚

 「阪神1-1ヤクルト」(19日、甲子園球場)

 阪神の藤浪晋太郎投手が同点の七回、3番手で登板した。代打・松本友との対戦で球団最速の162キロを計測するなど、3者連続三振でヤクルト打線を完璧に封じた。今季限りでの引退を表明し、現在は1軍に昇格している藤川球児からもアドバイスを受け、救援投手として日々、結果を残している。

 藤川とは、野球の技術的なこと、それ以外のことと、いろいろと会話をしているという。「ファームに一緒にいた時もアドバイスをもらいました」と気にかけてもらっている。

 技術面では、「右足、動かなくなったね」、「両手が自由に使える状態で、いいバランスで投げている」といった感想を聞かせてもらっているという。「リリーフ入ってどうや?」という声もかけられていると明かした。

 藤浪は登板7試合連続無失点。先輩からの後押しも受け、安定感を日ごとに高めている。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス