文字サイズ

阪神・岩貞、プロ7年目で初のリリーフ 中継ぎに配置転換、1回0封1安打2K

 9回に登板し、広島打線を無失点に抑えた阪神・岩貞(左から2人目)(撮影・田中太一)
2枚

 「阪神10-2広島」(15日、京セラドーム大阪)

 阪神・岩貞がプロ7年目、通算94試合目の登板で初めてリリーフとして登板した。

 九回からマウンドに上がると、先頭・長野は3球で見逃し三振。続く鈴木はフルカウントから真っ直ぐで空振り三振に仕留めた。

 2死後に松山に右中間二塁打を許したが、最後は会沢を三ゴロに仕留め、1回1安打無失点で試合を締めくくった。

 岩貞は先発した10日・DeNA戦で4回3失点で降板。矢野監督からリリーフ投手・国吉に2点二塁打を浴びた場面について苦言を呈され、中継ぎに配置転換となっていた。

 矢野監督は「今シーズンの初めも『中継ぎどうかな』ってのも自分の中であったけど、先発で頑張ってくれてたのでね。でも、いろんなポジションで頑張ってくれたらチームのためにもなると思うし、岩貞のためにもなると思うんで。きょうはサダ(岩貞)らしく腕振って投げてくれたんで、また戦力になってくれると思います」と再スタートした左腕を評価した。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス