文字サイズ

阪神・矢野監督、投手に打たれた岩貞へ「チームの士気があがらん」

 4回、勝ち越し2点適時二塁打を浴びた岩貞(左端)を見つめる矢野監督(右端)=撮影・中田匡峻
 9回、梅野(44)が併殺打に倒れ渋い表情の阪神・矢野監督=横浜(撮影・金田祐二)
2枚

 「DeNA6-4阪神」(10日、横浜スタジアム)

 阪神の矢野監督が先発した岩貞に苦言を呈した。四回、DeNAの2番手投手・国吉に初球をたたかれ2点適時打を浴び「あの点の取られ方ってチームの士気があがらんよな」と振り返った。

 最終的な点差が2点だったことを考えても重要な場面だった。1-1で迎えた四回、1死一、二塁で国吉に右中間へ運ばれた。矢野監督は「あそこで投手に、しかも初球やろ。あまりにも残念というか。なにか工夫であったり、自覚というのかな、その…若手というレベルじゃないんだからさ」と語った。

 「9連戦でみんな移動して来ているとかさ、そういうのも含めてそれが何か体からにじみ出るというかさ。そういうのがチームとしてほしいと思うし。やっぱりあの点の取られ方ってチームの士気が上がらんよな。だって、バッティング練習なんかほとんどしていない選手でしょ。それを初球、コンと打たれるんだから…」

 厳しい日程の9連戦の中で、カードの初戦をどう取るか。チームの雰囲気をどう盛り上げるか。そうした面も含めて、「えいやーって投げてその答え、あとは任せたじゃなくて、やっぱり自分の考えと気持ちと、なんかチームのことも含めて投げてもらわないと。ちょっとチームに申し訳ないよね」と岩貞への思いを口にした。

 今後については、「いやあ、まあちょっと考えようかなと思ってる。まだ決めてないけど」と含みを持たせた。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス