文字サイズ

阪神、絶好の反撃機も1点止まり 藤浪に白星を贈れず…

8回、遊ゴロに倒れ天を仰ぐ阪神・大山=甲子園(撮影・山口登)
3枚

 「阪神-巨人」(5日、甲子園球場)

 阪神打線がようやく反撃した。4点を追う八回、先頭・木浪が中前打、植田も中前打で続き、代打・福留がコールされると、巨人ベンチは2番手・高梨にスイッチ。福留は中飛に倒れたが、近本がセーフティーバントを決めて1死満塁とチャンスを広げた。

 甲子園のボルテージが最高潮に達する中、糸井の遊ゴロの間に1点をゲット。打った瞬間は併殺と思われたが、二塁手・吉川尚がボールを握り直すのに手間取り、一塁はセーフに。

 巨人は3番手・大竹がマウンドへ。サンズは四球で歩き2死満塁と好機は広がり、打席に4番大山。一発が出れば同点という状況に、スタンドでは赤色の大山タオルが揺れたが、遊ゴロに倒れた。八回で降板した藤浪へ、今季初勝利を贈ることはできなかった。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス