文字サイズ

阪神・藤川も離脱…開幕延期の影響?セの守護神不調が続く

 阪神の守護神・藤川球児投手(39)が12日、右肩のコンディショニング不良で出場選手登録を抹消された。

 前日のDeNA戦では1点リードの九回に登板し、ソトに2ランを浴びるなど3失点。今季はここまで守護神として5試合に登板したが、0勝2敗2セーブ、防御率15・75だった。

 藤川は広報を通じて「大事なポジションなだけに、今の状態ではチームの力になれないので、一日も早くコンディションを回復させられるように努めます」とコメントした。

 セ・リーグでは今季、守護神の不調が目立つ。唯一安定感のあった巨人・デラロサは左脇腹の肉離れで離脱。広島・スコットは2度のサヨナラ負けを喫するなどして、2軍降格となった。新守護神は菊池保が務めている。

 中日・岡田も7日のヤクルト戦で4与四球で押し出し、決勝点を献上。9日の同戦も4失点で逆転負けを食らった。

 DeNA・山崎康、ヤクルト・石山は力投しているが、まだ本来の出来とはいえない状況だ。

 新型コロナウイルスの影響で開幕が大幅に遅れ、調整の難しさも指摘されている今季。リリーフ陣の整備をいかにしていくかが、上位進出へのカギになりそうだ。

 セ6球団で開幕から抑えを託された投手の成績は以下の通り。

 巨人・デラロサ 6試合 0勝0敗4セーブ 1・80

 ヤクルト・石山 9試合 1勝1敗3セーブ 5・19

 DeNA・山崎康 7試合 0勝1敗5セーブ 4・05

 広島・スコット 5試合 0勝2敗 21・00

 中日・岡田 9試合 0勝2敗3セーブ 6・48

 阪神・藤川 5試合 0勝2敗2セーブ 15・75

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス