文字サイズ

阪神・ドラ3及川が前日の西純に続きプロ初勝利 完全投球、最速151キロ

 「ウエスタン、阪神4-2オリックス」(25日、甲子園球場)

 阪神ドラフト3位・及川雅貴投手(18)=横浜=がプロ入り後初めて甲子園&公式戦に登板し、“プロ初勝利”をマークした。前日24日の同戦で“プロ初勝利”した同期で1位の西純矢投手(18)=創志学園=に続き、2戦連続で高卒新人投手が白星を挙げた。

 七回から登板した及川は最速151キロの直球にスライダーやカーブを交えて投球を展開。2回無安打無失点の完全投球を披露し、相手打線を全く寄せ付けなかった。

 一方打線は4番・右翼で出場した井上が三回に同じ高卒の宮城から逆転の中越えの2点適時二塁打を放ち、五回には佐藤一から左前適時打を放つなど、勝負強さが際立った。

 これで阪神2軍は2連勝。26日からはウエスタン・ソフトバンク戦(タマスタ筑後)に臨み、初戦は右胸の軽度の筋挫傷からの復活を目指す藤浪晋太郎投手(26)が先発を予定されている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス