文字サイズ

阪神・島田 矢野監督乱入で目標“上方修正”「代走から」→「スタメンで」

 阪神・島田海吏外野手(24)が21日、甲子園での分離練習後にオンライン取材に応じ、飛び入り参加した矢野監督にスタメン奪取を誓った。

 取材中、言葉が止まった。突如目の前に現れたのは矢野監督。思わぬ状況に緊張しながら質問に答えていたが、いきなり指揮官から「何をアピールするの?」と問われた。

 島田はチーム事情を鑑みて「代走からしっかり盗塁して…」と答えたが、指揮官からは「途中からなん?」とバッサリ。タジタジになりながらも、最終的には「一番はスタメンで出ることです」と宣言した。

 福留や糸井、近本らとのし烈な外野争いに割って入るためにも猛アピールを続けてきた島田。3月22日のヤクルト戦では本塁打を放つなど、走塁と守備だけでなく、打撃でも存在感を示した。

 この日は、シートノックや打撃練習などで汗を流し「外野の枠に意地でも食い込んでいきたい。無駄な時間がないように必死にアピールしていく」。今年こそ与えられたチャンスをつかみ取る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス