文字サイズ

阪神が注目!中大・五十幡はサニブラに勝った男 リーグトップ9盗塁

 話題性なら今秋ドラフト候補トップレベルだ。中大・五十幡亮汰外野手(4年・佐野日大)は“サニブラウンに勝った男”として注目を浴びる。中学時代の陸上全国大会では100メートル、200メートルで現100メートル日本記録保持者のサニブラウン・ハキームを抑え、2冠。快足以外にも力をつけ、プロからの評価も上がっている。

 グラウンドを駆ける五十幡は、さながら陸上選手のようだ。力強く、大きなストライド。ぐんぐん進むスピードは誰しもが目を奪われる。走力の象徴となる盗塁について「走っちゃえばセーフになる確率は高いと思う」という言葉は、決して慢心ではなく自信の表れだ。

 3月7日のDeNA2軍戦では、その自信を確信へと近づけた。阪神など5球団のスカウトの前で、強肩が武器のDeNA・益子から2盗塁。四回2死一、三塁、六回1死一塁のいずれも打者の初球に成功させた。

 誰もが認める快足が結果につながってきたのは、実は最近のことだ。3年春まで東都大学リーグで1シーズンの盗塁数は多くて3。「(サインを)出されなきゃ走れない」とスタートを切ることに不安を抱えていた。

 イチロー(元マリナーズなど)、久慈(元阪神など)、本多(元ソフトバンク)、山田哲(ヤクルト)らの動画を眺めつつ、気が付いた部分はまねる日々を続けた。試行錯誤を繰り返すうち、行き着いたのは至ってシンプルな部分。技術ではなく、気持ちの持ちようを変えることだった。

 過剰だったけん制への警戒心を緩めて、「スタートだけに集中する感じ」と狙いを絞った。意識の変化で3年秋にはリーグトップの9盗塁。「刺せるものなら刺してみろという気持ちでいけた」と、塁に出れば積極果敢に先の塁を盗んだ。

 俊足は守備範囲の広さにもつながっている。課題の打撃も普段から振り切ることを心掛け、「練習でも柵越えが増えてきた」と手応え。阪神・吉野スカウトは「(打球を)引っ張れるようになった。守備もいい」と成長を認めている。走攻守三拍子そろえば、今ドラフトの目玉にもなってくる逸材だ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス