文字サイズ

阪神・藤浪、伊藤隼、長坂が陽性 揚塩社長「深く重く受け取っています」食事会12人参加

 阪神の揚塩健治球団社長(59)が27日、兵庫・西宮市の室内練習場で緊急会見を開いた。新たに伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)が新型コロナウイルスのPCR検査を受診。陽性と診断された。

 揚塩球団社長は会見の冒頭、「このプロ野球界では初めて感染者が出たことを、大変深く重く受け取っております。そして3名という複数名で発症したことに対しても大変重く感じております」と謝罪した。

 前日26日に嗅覚障害の症状を訴えていた藤浪晋太郎投手(25)が、新型コロナウイルスのPCR検査を受け、陽性と診断された。14日に藤浪と共に食事した2選手も、味覚障害に似た症状を訴えており、球団は医療施設で受診するよう伝達していた。2選手ともに陽性と診断されたことで、球団は実名公表に至った。

 藤浪、伊藤隼の2人は発熱、咳などの風邪症状もなく、嗅覚の異常も改善しているという。ただ、長坂については発熱、咳等の風邪症状はないが、味覚、嗅覚の部分で少しの自覚症状が残存するという。3選手とも入院した。

 また、球団は14日に藤浪らが参加した食事会について伊藤隼、長坂の2人以外にも、新たに4人が参加していたことを公表。同社長は「人数は12人です。選手は7人、社外の方が5人でございます」と説明。知人宅で集まって食事を共にしたことも明らかにされた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス