文字サイズ

阪神はスコアレスドロー 七回無死満塁の絶好機生かせず…MBS砲も沈黙

4回、遊飛に倒れがっくりのボーア(撮影・中田匡峻)
3枚

 「練習試合、DeNA0-0阪神」(25日、横浜スタジアム)

 両チーム無得点の引き分けで終わった。阪神は好機を作るも決定打が出ず。クリーンアップに並んだマルテ、ボーア、サンズの助っ人勢はそろって無安打だった。

 好機はあった。両チーム無得点で迎えた七回。先頭の高山が四球で出塁すると続く荒木の犠打を捕手・戸柱が野選。さらに大山も四球を選んで無死満塁の好機を演出。ただ、陽川と原口が連続三振に倒れた。

 さらに2死満塁から育成ドラフト1位の小野寺(大商大)が代打で出場したが三ゴロに打ち取られた。三回にも1死一、三塁としたがマルテの遊ゴロ併殺で無得点に終わっていた。

 一方、開幕ローテ入りを目指す先発のガンケルは3回1安打無失点。打たせて取る持ち味を発揮して6個のゴロアウトを重ねた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス