文字サイズ

外国人選手をサポート 阪神ウィリアムス氏が宜野座離れる「このままいい形で進んで」

 「阪神春季キャンプ」(18日、宜野座)

 外国人選手のサポート役として宜野座キャンプに帯同していた阪神のジェフ・ウィリアムス駐米スカウト(47)が、宜野座キャンプを離れた。

 今春の宜野座キャンプには7人の外国人が参加しており、そのうちボーア、サンズ、エドワーズ、ガンケル、スアレスの5人が新外国人となっていた。

 球団は、リリーフとして03、05年のリーグ優勝に貢献するなど実績、日本での経験も豊富なウィリアムス氏にサポート役をオファー。第2クール初日の7日からアドバイスなどを送ってきた。

 「自分自身が(新外国人)選手で来た時にオマリーさんが来て、いろんなことをやってくれた。自分もそういう立場で新しく来た外国人選手に接して、彼らがスムーズに日本の野球に入っていけるように手助けできたと思います。スカウトとして、性格とかを大事にしていました。今のところ見ている限りはうまくやってきていると思うので、このままいい形で進んでいってくれたらいいなと思います」とエールを送った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス