文字サイズ

阪神ドラ2井上 履正社最強打者になる!先輩・山田、T-岡田超えへ「一日でも早く」

 卒業証書を手に、仲間たちと写真に納まる井上(前列中央)
2枚

 阪神ドラフト2位の井上広大外野手(18)が25日、大阪府豊中市の履正社高校で卒業式に出席し、ヤクルト・山田哲やオリックス・T-岡田も選ばれた「履正校鳴賞」を受賞。同校の岡田龍生監督(58)から学んだ「人間性」の大切さを胸に、履正社史上最強打者を目指していく。

 在学生として履正社の仲間と過ごす最後の日。卒業式では卒業生348人の代表として卒業証書を受け取り、改めて社会人としてプロの世界に飛び込む自覚が芽生えた。「学生から社会人になる自覚も出てきた。世間に出て、恥をかかないような人間になれるように」と意を決した。

 憧れの先輩も手にした勲章を授与された。同校では毎年、学業優秀者やスポーツに秀でた者に「履正校鳴賞」が贈られる。ヤクルトの山田哲、オリックスのT-岡田も高校卒業時に受賞したが、井上も昨夏の甲子園大会優勝への貢献度を評価された。

 山田哲とT-岡田は卒業後、本塁打のタイトルを獲る打者に成長。井上も2選手に負けない最強の打者を目指す。「入団した時から期待してもらっている。先輩のT-岡田選手や山田哲人選手のような球界を代表する選手に一日でも早く近づけたら」と原点の地で新たに誓いを立てた。

 恩師の教えは忘れない。高校3年間で学んだのは「人間性」だ。入学前は「靴やスリッパをそろえることなど、生活面で怠る部分があった」と振り返るが、野球部の岡田監督から「生活面の向上が野球につながる」と教わり、井上の意識は劇的に変わった。

 「履正社は野球(の実力)だけでは試合に使っていただけないですし、私生活を大事にしないといけない。日々の練習も怠らず、野球だけじゃなく人間性、生活面の部分での成長が大事。そこも含めて成長していきたい」

 昨年12月末の「甲子園優勝祝賀会」以来、同級生の野球部員たちと顔を合わせた。「頑張れよ」「試合には絶対早く出てな」。仲間たちの言葉が身に染みた。後輩たちはセンバツ出場の切符をつかみ、井上は「夏春連覇」と大きな期待を寄せた。

 Vナインとの別れの時。3年生の部員全員で記念撮影を行い「明日は1面」と発した同級生を見て、最高の笑顔を浮かべた。仲間の夢と期待を背負って戦い、履正社史上最強打者になる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス