文字サイズ

高山400万円増 来季へ、あえて大口「孝介さん、糸井さん、近本を押しのけ」

契約更改交渉を終え、笑顔で会見する阪神・高山俊=阪神球団事務所(撮影・高部洋祐)
3枚

 阪神の高山俊外野手(26)が5日、兵庫・西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季推定年俸3200万円から、400万増の3600万円でサインした(金額は推定)。

 「守備面と走塁面を評価してもらったというのを言われました。でも、やっぱり悔しかったですね。2年(間成績が)落ちて、今年はという思いで臨んだ。状態が悪くない中で2軍に落ちて1カ月くらいいたんですかね。本当に苦しかったです。でも、昨年と違って、自分の中で手応えがありながらのファーム生活。違うモチベーションではやれていた」

 今季は2年ぶりに105試合に出場した。糸井の故障離脱後には、右翼のレギュラーとして活躍。表彰された代打サヨナラ満塁弾など、5本塁打、打率・269の成績を残した。ただ、レギュラー定着とまではいかず、秋季キャンプでは必死にバットを振った。

 「僕の中でいけるという気持ちもある。孝介さん、糸井さん、近本を押しのけて。高山に勝てなかったと言われるぐらい、大口をたたきましたけど、そのくらい自分にプレッシャーをかけてやりたい」

 ベテランの福留に糸井、盗塁王の近本と、外野は高いレベルでの競争が予想される。それでもレギュラー奪取に、強い覚悟を口にした。「スタメンで出る試合というのを、こだわってやっていきたい」。2016年の新人王も来季5年目を迎える。走攻守、全てでレベルアップを図り、真価を証明していく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス