文字サイズ

北條 三塁に本格挑戦で出場数増へ 秋季C実戦で遊撃と半分ずつ守備

 シートノックで三塁のポジションに就く北條(左)
3枚

 「阪神秋季キャンプ」(6日、安芸)

 阪神の北條史也内野手(25)が遊撃に加えて本格的に三塁にも挑戦することが6日、分かった。久慈内野守備走塁コーチが明かした育成プランでは、今キャンプの実戦は遊撃と三塁に半数ずつ就く予定。首脳陣が推し進める複数ポジション計画に対応し、来季の出場機会増を狙う。

 ユニホームは泥だらけだ。北條が懸命に白球を追い続ける。「ショートだけとか、サードだけとかにならないようにしたいですね」。描かれた来季のプランは、本格的な三塁挑戦。遊撃以外も守れるようになることで出場機会増加を狙う。

 志願の早出特守では遊撃の守備位置へ。左右に振られながらも食らいついた。だが、投内連係やシートノックでは三塁に向かう。そして、午後からの守備練習では遊撃に戻った。二つのポジションをこなす努力の時間。「ショートは足を使わなくてはいけなくて、サードはハンドリングが大切になる」と大きな違いにうなずいた。

 この理由について、久慈内野守備走塁コーチが明かした一つのプランがある。それは今キャンプの実戦で、遊撃と三塁を半数ずつ守るというものだ。「(守る機会は)半々にする。シーズンの終盤に三塁もやっていたしね」と説明。複数のポジションを守ることができれば、単純に出場機会も増える。その計画に北條自身も「ありがたいですね」と言葉を紡いだ。

 期待されるからこそ、ミス撲滅にも動いた。全体練習後の個別練習で、北條が向かった先は特打でも特守でもなかった。静かに一人、マウンドへ。特打を行う木浪らの打撃投手役を担った。「僕のエラーは送球ミスが多い。それは防げるミス」。課題と自覚するスローイングに、あらゆる形でアプローチしている。

 首脳陣が求めるのは守備の万能性だ。北條は遊撃と三塁を磨き上げる。それと並行して、室内練習場では最後の一人までバットを振り込んだ。「試合に出ないと。守備もそうだし、もっとレベルを上げていかないといけないですね」。走攻守すべての技術向上で、目指すは来季の定位置奪取だ。今秋、北條が泥くさく励む。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス