文字サイズ

鳥谷 移籍先DeNA浮上!98年以来Vへ本格調査 経験豊富なベテランは貴重

 阪神を退団する鳥谷敬内野手(38)の移籍先として、ロッテなどとともにDeNAが浮上していることが23日、明らかになった。DeNAは今季、巨人と一時首位争いを演じるなど躍進。あと一歩まで迫る1998年以来のセ・リーグ制覇、日本一を目指す上でも経験豊富なベテランは貴重な戦力となりうる。今後、獲得へ向けて本格的に調査を進めていく。

 経験豊富なベテランの動向に、DeNAが注目していた。鳥谷について本格調査を開始することが分かった。パ・リーグではロッテなどが調査を進めているが、セ・リーグとなると当然、阪神との対戦機会も多くなる。来季、鳥谷が「打倒虎」を掲げることになるかもしれない。

 DeNAの遊撃は今季、主に大和が務めたが、二塁はソト、柴田、石川らが守り、固定されることはなかった。遊撃だけでなく、二塁、三塁も守れる鳥谷が加入すれば、ディフェンス面の強化につながる。大和とともに元阪神の二遊間コンビ誕生もありえる。

 DeNAは今季、一時首位争いを演じるなどして2位でシーズンを終了。CSではファーストSで阪神に下克上を許し、ファイナルS進出を逃した。チームは若手主体で発展途上。勢いはあるが、まだまだもろさも見え隠れする。それだけにベテラン選手は貴重な戦力となりうる。

 鳥谷は2004年の入団以来、一度も2軍に落ちることなく虎の内野陣を支えてきた。しかし16年目の今季は主に代打として74試合に出場し、19安打、0本塁打、4打点と不本意な結果に。8月29日には揚塩球団社長らとの会談の席で「引退してくれないか」と言われ、「事実上の戦力外だと思う」と自らの立ち位置を受け止め、退団を決意した。鳥谷自身は現役続行への強いこだわりを見せており「いろいろ考えながら決めていきます」と話していた。

 プロ野球歴代2位の1939試合連続出場、球団史上最多記録となる2085本の安打を積み上げてきた鳥谷。その実績、経験は、1998年以来のセ・リーグ制覇、日本一を目指す“若い”DeNAにとって大きな魅力となるはずだ。

 鳥谷は阪神退団について「これはピンチじゃなくてチャンス」と前向きに捉え、他球団との交渉に臨む構え。今後予想される、DeNA、ロッテなど複数球団からの条件提示を待って、移籍先を絞り込んでいく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス