文字サイズ

高橋建2軍コーチ 横浜高後輩のドラ3及川に金言「一からスタート」

 阪神の高橋建2軍投手コーチ(50)が19日、ドラフト3位指名を受けた及川雅貴投手(18)=横浜=にエールを送った。横浜高出身の同コーチにとって及川は後輩。「一からのスタート」という姿勢の大切さを強調した。

 不思議な縁に恵まれた。東の名門で汗を流した18歳と同じタテジマを着ることになった高橋コーチは「高校時代からの実績は引きずらないように。自負できるモノは(胸の内に)しまっておいて、また一から」と裸一貫でプロの世界に飛び込む重要性を語った。

 自身は社会人からプロ入り。「高校から入ってくる子は僕も『すごい』という感覚がある」とポテンシャルの高さは認めている。だからこそ「環境の変化に慣れることも大事」と活躍の鍵を挙げた。

 虎で結ばれた糸は、同じ左腕という共通項がさらに強くする。「自分のパフォーマンスを出せる環境を作ってあげられれば、1軍で投げられるピッチャーになると思う」。最高峰の舞台で夢を追う後輩を、精いっぱいサポートしていく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス