文字サイズ

矢野監督「もう1個負けられる」完敗も下向かず

 開始前、握手を交わす巨人・原辰徳監督(左)と阪神・矢野耀大監督
3枚

 「セCSファイナルS・第1戦、巨人5-2阪神」(9日、東京ドーム)

 阪神が王者・巨人に完敗。アドバンテージを含め、0勝2敗となった。

 先発に抜てきされた望月が2回5失点でKO。初回に丸、岡本に2者連続本塁打を打たれると、二回は亀井と坂本勇に連続適時打を浴びた。主導権を握られ、苦しい展開となった。

 総力戦で制したCSファーストS第3戦から中1日。矢野監督は望月の抜てき理由については「一番、元気なやつはモッチーかなと思っただけで。あとは経験も積ませられるのもある。投手はみんな多く投げている。総合的に判断してモッチーかなと」と説明。結果は出なかったが「総合的にまだまだ発展途上の投手。こういう試合に投げたことで、物足りない部分やもっとこうしないといけないとダメだというところが見えたんじゃないかな」とうなずいた。

 アドバンテージを含めて0勝2敗。苦しい状況となったが、シーズン終盤から幾度も逆境を切り裂いてきた。指揮官は「ある意味もう一個負けられるわけだから、それをどうするかっていう」とし、10日先発の高橋遥について「いつも通り。思い切っていってくれたらいいと思います」と、背中を押した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス