文字サイズ

矢野監督 木浪のスクイズ「こっちもドキドキはしてるんだけど…」

 「DeNA0-7阪神」(28日、横浜スタジアム)

 阪神・矢野耀大監督が執念のスクイズで勝利をたぐり寄せた。

 四回、1死から福留、大山の連続四球でチャンスを作る。続く糸原は一塁内野安打で1死満塁。6番に入った中谷が先制の2点左前適時打。さらに一、三塁から木浪が執念のスクイズに成功した。

 サインを出した矢野監督は「それが一番点を取れると思ったし、こっちはサインを出してこっちもドキドキはしてるんだけど、やる方がしっかり決めてもらわないと作戦って生きてこないんで。そういうところでは聖也がしっかり絶対決めるというような形とか気持ちでやってくれた」と振り返った。

 木浪も「必死に食らいつきました。2度、3度あるサインではないので、一発で決めることができてよかったです」と指揮官の期待に応え追加点を奪った。梅野も右前適時打で続き一挙4点を奪い主導権を握った。

 これで3位広島と0・5ゲーム差に迫り、残り2試合に連勝すれば逆転CS進出が決まる。「結局、みんながそういう気持ちでつなげた結果が今日の試合になったと思うんで。あと2つ、そういう試合をしていくというのが俺らの野球やと思うんで。この気持ちをつなげてバッターもピッチャーもやっていきたい」。甲子園での連勝を誓って5日からCSファーストSが開催される横浜スタジアムを後にした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス