文字サイズ

先発・青柳、逆転許して六回途中降板

6回、奥村に勝ち越しとなる適時二塁打を浴び、打球をぼう然と見送る青柳
2枚

 「阪神-ヤクルト」(18日、甲子園球場)

 阪神先発の青柳晃洋投手が逆転を許し六回途中で降板した。

 悔やまれるのは1点リードで迎えた六回。この回先頭の青木に四球を与えるなどして1死一、二塁とすると吉田に同点の右前打。さらに続く奥村には左翼線への勝ち越し二塁打を許した。5回2/3を4安打2失点。7四死球を与えるなど制球に苦しんだ。

 青柳は4回まで毎回走者を背負う内容。一回は1番・太田に四球、二回はこの回先頭の村上に死球を与えたが後続を寸断していた。三回は1死から投手のブキャナンにこの日初安打となる右前打を許し、続く太田を左飛に封じたが、山崎と青木に連続四球を与え2死満塁のピンチに。ここで打席に迎えた4番・雄平に一塁線への強烈なゴロを打たれたがマルテの好捕によって無得点でしのいでいた。

 9月5日のDeNA戦、同11日のヤクルト戦に続く六回途中での降板。現在、8勝で自身初の2桁勝利を目指す上で大事なマウンドだった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス