文字サイズ

福留、自身3度目のサイクル安打に王手 先制2ラン、単打、二塁打

 5回、右中間二塁打を放ち、一塁へ向かう阪神・福留孝介=神宮球場(撮影・西岡正)
3枚

 「ヤクルト-阪神」(24日、神宮球場)

 阪神・福留が五回、右中間へ二塁打を放ち、サイクル安打に王手をかけた。

 初回1死一塁で打席に入ると、ヤクルト先発・田川が投じた1ストライクからの2球目、真ん中低め131キロスライダーを強振。完璧に捉えられた打球は右翼席上段に突き刺さった。

 さらに逆転を許した直後の四回には先頭打者として左前への安打。この安打をきっかけに一挙4点を挙げ、再逆転に成功した。

 福留は五回の第3打席で1死から二塁打を放ち、サイクルにリーチとした。

 サイクル安打を達成すれば、自身3度目で、ローズ(横浜)に並ぶ日本記録となる。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス