文字サイズ

福留が2試合ぶりの8号2ラン “初物”田川から、試合開始4分で先制

 1回、右越えに先制2ランを放つ阪神・福留孝介=神宮球場(撮影・西岡正)
3枚

 「ヤクルト-阪神」(24日、神宮球場)

 阪神が福留孝介外野手の8号2ランで先制した。

 初回1死から木浪が6試合連続安打となる二塁内野安打で出塁。1死一塁で福留が打席に入った。ヤクルト先発・田川が投じた1ストライクからの2球目、真ん中低め131キロスライダーを強振。完璧に捉えられた打球は右翼席上段に突き刺さった。

 22日・DeNA戦(京セラ)以来、2試合ぶりの一発。ベテランのバットが火を噴き、試合開始4分で先制点を奪った。

 球団を通じて「打ったのはスライダー。初対戦の相手なので甘いボールを見逃さない意識の中でしっかり仕留めることができました。初回から西を援護することができてよかったです」とコメント。ベテランのバットが火を噴き、試合開始4分で先制点を奪った。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス