文字サイズ

六回に糸原の適時打で反撃開始

6回阪神2死一・三塁、二塁への適時内野安打を放つ阪神・糸原健斗=東京ドーム(撮影・高部洋祐)
3枚

 「巨人-阪神」(18日、東京ドーム)

 阪神は六回、糸原健斗内野手の適時内野安打で1点を返した。

 4点を追うこの回、1死から木浪がこの試合2本目となる右前打で出塁すると、続く福留は四球を選んで1死一、二塁。代打・ソラーテは二ゴロに打ち取られて2死一、三塁となった。

 得点圏に走者を置いて、打席には糸原。相手先発・山口が投じたカウント1-1からの3球目、高めに浮いた137キロフォークをたたきつけた。高く弾んだ打球は一塁・阿部の頭上を越え、二塁・増田大が捕球。一気に一塁を駆け抜けて内野安打とし、1点を返した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス