文字サイズ

矢野監督「今日の勝ちは西の頑張り」力投の右腕を称賛

勝ち星を挙げた西とタッチを交わす矢野監督=マツダスタジアム(撮影・田中太一)
2枚

 「広島1-4阪神」(3日、マツダスタジアム)

 阪神が節目の100試合目で逆転勝ち。接戦を制し、Aクラス争いに踏みとどまった。先発の西が6回4安打1失点で5勝目(7敗)。1番・近本が決勝の8号ソロを含む3安打と活躍した。

 6試合連続安打と調子上昇の近本について、矢野監督は「内容も良くなってきているしね」と満足げ。打順は模索中で、近本は前日の2番から1番に変更した。この日は勝利に結びついたが「今年も1番多く立ってる打順やから、本人的にもリズム的には合うと思うんだけど。それがチームにとってベストなのかは分からないところ」と、解消されない悩みも口にした。

 それでも、力投の西に勝ち星がついたことが何よりの喜び。三回には無死一塁から西川を右飛に抑えた際に左足をひねったとみられ、治療で一度ベンチへ。ヒヤリとしたが、続投し、6回1失点でまとめた。指揮官は5勝目を飾った右腕について「もう足首やったときは交代かなと思ったけど、そういうアクシデントもありながらあそこまで投げてくれたっていうのは、今日の勝ちは1番、西の頑張りだと思う」と、称賛した。

2022-08-14
2022-08-13
2022-08-12
2022-08-11
2022-08-10
2022-08-09
2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24
2022-07-23
2022-07-22
2022-07-20
2022-07-19

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス