文字サイズ

ロッテから移籍の高野が2軍戦で初登板 最速148キロで1回を三者凡退

 「ウエスタン、阪神-広島」(16日、甲子園球場)

 ロッテからトレード移籍してきた阪神・高野圭佑投手(27)が七回から登板。移籍後初登板は1回無安打無失点と上々の投球を披露。最速148キロを計測した直球を主体にわずか4球で三者凡退に斬った。

 最初に対峙した羽月を146キロ直球で遊ゴロに打ちとる幸先の良いスタート。続く長野を三ゴロに抑え、さらに堂林も右飛に。高野の存在感を際立たせる投球内容だった。

 試合前は合流後初めて甲子園で練習し「気持ちのいい雰囲気、天気の方も良かったので」と笑みを浮かべていた右腕。初登板に向け「特別なことをやるわけではないし、やらなきゃいけないことをやるだけ」と口にしていた。2軍ではあるが、阪神デビューを果たした高野。ここから状態を上げて、1軍戦力入りを目指していく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス