文字サイズ

矢野監督、前半戦総括「やれることは選手個人個人よくやってる」

 阪神・矢野燿大監督が10日、就任1年目の前半戦を総括した。矢野監督との一問一答は次の通り。

 -前半戦を終えて。

 「チーム全員で戦う姿とか、凡打でも一塁まで走る姿とか、やれることは選手個人個人、すごくよくやってくれているな、という手応えはあります」

 -前半戦で見えた課題は。

 「やっぱり点を取りたいですね。どうやって点を取るかというのは、チームの課題にもなっていますし。あとは、やっぱりミスがね。出ることは仕方がない部分はあるんですけど、それをどう捉えて、どうしていくか。準備のミスは改善していけると思うので」

 -前半戦の野手、投手のMVPは。

 「野手では近本と梅野が、よく引っ張ってくれたと思います。ピッチャーはみんな頑張ってくれました。中継ぎ以降もそうですし、球児もね。ずっとどんな場面でもいってくれていますし、ジョンソン、ドリスは安定した投球をしてくれているんで。そのあたりですかね」

 -開幕前から痩せてもなさそうですが、寝られていますか。

 「よく言われるんですけどね。目の下のクマとか、シミが多いから、そう言われるのかもしれないですけど。僕は至って元気なんで。負けてる時はそんな顔になってしまってると思うんですけど、僕は本当にめちゃめちゃ元気です。後半も元気を出して、僕自身が一番ええガッツポーズするくらいのつもりで頑張っていきます」

 -後半戦、選手に打ち破ってほしい部分はどこか。

 「まだまだ伸びしろのある選手ばかりなので、ミスを取り返してくれる後半戦になると思います。失敗しないと学べないことも多い。前半の悔しい思いをみんなが持って戦うことで、後半戦はいい形でやっていけると思う」

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス